あでぃすでぃす

一つ文章を書くたびに寿命と社会的評価が削れていくおブログです。

4日連続で飛田新地 各論Ⅰ 錦 ひなた③

11月16日(月曜日) 13時40分

 

f:id:addis:20201217163708j:plain

 

昨年の12月17日から、ほぼぴったり11か月ぶりの飛田新地である。コロナを乗り越え、GoToの恩恵をようやく受け、会社には無断でようやくやってきた大阪。ようやく戻ってきた飛田新地。今回は3泊4日の滞在中に4日連続で飛田新地に行けたらいいなぁ行けたらすごいなぁ行けたらロマンシングだよねというミッションを課しての西下だったのだが、特別な意欲とテーマがあるだけに、その初日、1年ぶりの飛田新地で交わる相手は特別なものにしたいと思っていたのだった。

 

私、あでぃすの飛田新地歴において『特別な存在』とは何だと問われれば、それは間違いなく『錦』ひなたちゃんであろう。人生初の飛田新地でのお相手であり、飛田新地が最高の場所であると我が身と心を以て確信したお相手であり、昨年の11月に飛田→松島→信太山の3連闘にチャレンジした時には「飛田新地はその日の全てを見て回って最高の相手を選ぶ」というルールを無視して最初から「ひなたちゅあんに会わせんしゃいやいやいやいやい!!!」と特攻していったほど、犯罪的にカワイイ女の子なのだ。ここで言うところの"犯罪的"とは、①限度を超えている、常軌を逸したといった意味の誇張表現であり、②見た目がどう見ても小学校高学年~高校1年生なので実年齢=見た目だったら純粋に逮捕という意味の表現である。

 

f:id:addis:20201221174824j:plain

 

ということで、4日連続飛田チャレンジの祝すべき初日の相手は、いればひなたちゃんにすると決めていた。早朝の中央線の荻窪~高円寺間を通過する時にはもう決めていた。

『飛田新地と松島新地をハシゴしたので~』

『飛田新地と松島新地と信太山新地を~』

『4日連続で飛田新地に~』

歴史の節目には、常にひなたちゃんがいた。エポックメイキングガール・ひなた(14歳)である。いや、14歳ではない。

なぜ「初日はひなたちゃん」と決められたのかといえば、2回目の時に出勤シフトが記載された名刺をもらったからに他ならない。私は休日や旅程の関係で、飛田新地には『月曜の昼間』に行くことが圧倒的に多い。月曜日の11:00~18:00に座っているひなたちゃんはまさしく運命の相手。今回も「コロナ禍を経て顔ぶれがガラっと変わってる可能性はあるだろうし、ひなたちゃんも1年ぶりで本当にいるか分からないけど…」と思いながらも、着いたらまずは真っ先に『錦』を覗きに行こうと思っていたのだった。

 

ナガイナ、マエオキガ。

 

ということで、精神論をおおかた語り終えたのでここからは13時40分、天王寺駅から歩いて時計台に辿り着いたところからの行動を記していきたい。

『錦』をチェックすることを最速最強のタスクとしていた私は、階段を降りると迷うことなく右手に曲がって青春通りに入った。すぐ通りかかった『和倉』には1年前と同じく三峰結華がいた。『和倉』はまだ入ったことがないが、三峰結華とかサッカーユニおさげツインテアイドルっ娘とかもう一人忘れたけどいい感じの子とか、個性的かつハイクオリティなラインナップが揃っているので興味はある。三峰結華は三峰結華以外の表現が思い浮かばないほど三峰結華なので是非あなたの目で見てきてほしい。月曜日のお昼どきに。

ちゃうねん。三峰結華の話に200文字割いている場合じゃなかった。そんな『和倉』を通り過ぎ、やっぱこの状況下で月曜の真っ昼間だと開いてるところは多くないんだね…と心の中で寂しい気持ちになりつつ、錦開いてて…錦開いてて…と祈りながら歩いてゆく。シャッターが下りていない。中から光が漏れている(昼なのに中から光が漏れてる訳ねーだろって思ったあなた、輝きのオーラが漏れていたんです)。誰かが座っている!

 

………んん?

 

分からぬ。あでぃすは激怒した。いや、激怒はしていない。困惑した。『錦』には確かに超かわいくて幼げな女子が座っているが、いや多分だいたいひなたちゃんなんだが、確信が持てない。まず、キャラクターが変わっている。去年は制服黒髪ストレートだったが、目の前に座っているひなたちゃん(多分)は浴衣でポニーテールだ。浴衣でポニーテールは『浴衣でポニーテールは最高委員会』の理事である私がお墨付きを与える通り浴衣でポニーテールというシナジー効果が最高なのだが、それはそれとして、キャラが違うせいなのか、それに合わせてメイクの方向性も変えているのか、はたまた1年経って成長したからなのか(13歳から14歳の1年って大きいよね)、目の前のひなたちゃんがひなたちゃんなのか、どうにも確信が持てない。

 

現実世界の挙動としては、歩みを止めずに「ん?ん?うー……ん?いや、うん?nnnn…いや…?」と心の中でつぶやきながら通り過ぎていった。

 

スタート時のパッションはどこへやら、『錦』を混乱とともに素通りしてしまったので一応メイン通りも含めて1周することになった。私のスマホのメモ帳には

離宮 SS美女

木春 美少女

というデータが残されていた。この2軒がリアルタイムでメモを取るほど印象に残ったということです。ご査収ください。

 

で、

 

1周しているうちに「いやいや多分あれひなたちゃんだったし仮にひなたちゃんじゃなかったら別のプラン考えないとだしとにかく錦行かないとだし」という考えに至り、2周目は呼び込みおばちゃんズをガン無視して足早に『錦』に向かう。着く。もう聞いちゃう。「ひなたちゃんですよね?」「そうよ~。上がっt」「はい」飛田新地の軒先ババァの勧誘を食い気味に被せて店に踏み込むような奴は危険分子もしくは狂いヶ丘の住民だと言われている。

 

店に入り、ひなたちゃんと至近距離で目くばせを交わす。やっぱひなたちゃんである。当日走り書きしたメモには「小学生から中学生になってる!」と記されていたが、さすがにそれは無いと思う。1か月経って考え直してみると、中学生から高校生だと思う。1年ぶり、しかもこっちもパッと見ではひなたちゃんかどうか迷ったくらいなのでひなたちゃんの方も私のことは覚えてないかもしれないと思ったが、少し話をしたらしっかり双方思い出した。所詮は"1年ぶり3回目"の立場なのに、本当にありがたい。ビジュアルだけじゃなくて内面も優しくて可愛いから3回も会っているわけで、本当にそういうとこである。すき。

 

顔と雰囲気は1年分大人になっている感じだが、体は変わっていない。ちっちゃいし、おっぱいはAAAだし、脱いだら小学6年生。怖い。もう怖い。3回目となると、やっぱり相手もちゃんとしてくれる。フェラはじっくりゆっくり丁寧に優しくかわいくやってもらったし、騎乗位もオーダー通りとても優しくあったかくやってもらった。で、体を起こして正常位に移る際に、対面座位の状態でしばらく動かないでただただ抱き合っていた。あったかかった。泣きそうになった。もはやおちんちんとおまんこを摩擦する行為よりも全身でお互いにぎゅっとしてる方が遥かに幸せで気持ちがよかった。なんでだろう。どうしたのかな。なんか最近辛いことでもあったのかな。精神が壊れていたのかな。分別ある飛田ユーザーなのでキスは求めなかったけどぎゅってしながらほっぺた同士をすりすりふにふにした。ゴムフェラと挿入行為しか出来ないと評判の飛田新地だけど、信頼関係を築けばちょっとは出来ることが増える。願わくば抱き合い続けてそのまま大粒の涙を流して溶けて消えてしまいたかったけど、時間という概念もあるので名残惜しくも対面座位の状態から押し倒してフィニッシュに向かう。抱き合ってる間に精神状態がおかしくなってたので「見つめ合いながらイキたい」って究極に気持ち悪いオーダーを出して「かわいい!かわいいよ!かわいいよ!」ってつぶやきながらor叫びながら(記憶がないので声量不明)最高にカワイイ女の子の最高にカワイイ瞬間を拝みながら射精した。倒れ込んで繋がったまま抱きしめてほっぺたすりすりしてたらベルが鳴った。時間配分、完璧である。

 

こういうものをブログにし始めて4年経ってるけど、未だにタイピングしながら鳥肌が立ちますね。知らんおっさんのフィクションだと思って書いてるよ。

 

さて、1年ぶりの飛田新地@錦のひなたちゃんは、然して【救済】だった訳でござります。

 

が、ここからは余計なことを書くでござんす。プレイの前後の雑談タイムに語られし内容でごぜぇます。

 

f:id:addis:20201221174831j:plain

 

この日は夜にバーレスク大阪に行く予定があったため、東京からそのままふたばTシャツを着てきていた。当然ひなたちゃんに「それなんのシャツなんですか?」と突っ込まれる。困る。

「これは夜の別用のために着てきてて…なんというのかな…アイドル的な…ふたばちゃんって子のグッズで…これはふたばちゃん推しの別のヤツが作ったやつでね…」

(らちがあかん)

「…バーレスク東京って知ってる?」

「あ!知ってます!てんちむのやつですよね!」

 

てんちむ、すごい。

 

何はともあれひなたちゃんがてんちむのバーレスク動画を見ててバーレスク東京のことを知ってたので、そこからは延々バーレスクトークで乗り切ったのだった。さすがに「先日卒業しました!」とは言わなかったけど。ひなたちゃんは「てんちむの横で色々教えてくれてた紫色の髪のお姉さんがタイプ」って言ってたけど、実は私はてんちむの動画見てないので誰だか分かんなかった。後で見たらみつきちゃんだった。

プレイ後の時間も引き続きバーレスクトークに。「バーレスクの常連さんなのに私みたいな子供みたいなのがタイプなんですか?」って聞かれた。どうやらバーレスクのダンサーはみんな長身でセクシーでボンキュッボンの妖艶美女美女お姉さんだと思っていたらしいので、ダンサーチームとアイドルチームがあってね…ということを説明していたら

「私もけっこうアイドルファンのお客さんが来てくれるんですよ。なんか私のことがそういう評判になってるみたいで…ネットとかで…」

 

………!?

 

深くは聞かなかったが、もしかすると、ネットの評判というのは…

だって、『飛田新地 錦』とか『飛田新地 ひなた』で検索しても掲示板2つと弊所しか出てこないし…

 

まあいいか。

 

それは置いといて、ひなたちゃんは「アイドルだと日向坂の潮紗理奈に似てるって一番言われます」って言ってました。なるほどね。いや、そうかもしれないけど、潮紗理奈を極限まで磨き上げたのがひなたちゃんだと思って下さい。

ちなみに、潮紗理奈は日曜の深夜にテレ東でやってる番組をボーっと見てた時に一番最初に「この子かわいい」って検索した子であり、5月に死んだ弟の推しでもありました(死んだ後の諸々で実家帰って部屋に入ったらタオルがあった)。なんか宇宙的な話ですね。

そして、去年のひなたちゃん2回目の時に

前回の記憶と一部齟齬があったので、終わった後に聞いてみたんですよ。「こないだよりおっぱい大きくなった?」ってね。ビンゴ。いや、ビンゴかどうかは知らんけど、5秒くらい固まったので、あれもしかして地雷踏んだ?って一瞬ビビったんですけど「本当ですか!実は3ヵ月くらい高いナイトブラ試してて、自分じゃ分からないけどたまーにお客さんにそう言われるんです!分かります!?嬉しい!」って。あ、そうなんだ。いや、『無』が『AAAカップ』になったくらいの差だけど。そんな喜んでくれるなら、勇気を出して聞いてみて良かったわ。うん。触ってる時、半年前と違って"ふくらみ"が存在してるな…って思ったんですよ。 

こんな話をしてたんですけど、

 

この豊胸ナイトブラ、

 

てんちむが炎上したやつでした。

 

 

 

この宇宙は、全て繋がっている。

 

さようなら。