あでぃすでぃす

一つ文章を書くたびに寿命と社会的評価が削れていくおブログです。

雄琴ソープ『アマンクロス』レポート⑤

皆様、知っていましたか。

陥没乳首の人って、ブラジャー着けないらしいですよ!

 

f:id:addis:20181107210657j:plain

 

…じゃなかった。違う違う。そんな話をするために[記事を書く]ボタンを押したわけじゃないんですよ。あ、こんばんは。あでぃすです。

 

あのですね、今回は、皆様に謝ろうと思いまして。

 

これまで何度かアマンクロスに関するレポート的な文章を公開させて頂いたんですが、もしかすると、読んでくれた皆様に、ある誤解を与えてしまっているのではないかと。

すなわち、"アマンクロスは高い"というイメージを持たせてしまっているのではないか?と思ったのです。

確かに、私は頭がおかしいし、ケチな時はケチなくせに金を使いたいところには遠慮せず使いたがるタチなので、アマンクロスに関しては初回が48000、2回目が62000、3回目が63000、4回目が73000と、まあソープとしては結構な金額を支払ってきました。

でも、これは私がK・Mちゃん!うぉぉぉぉぉぉぉお!!ってトチ狂って、やれ130分コースだ、やれメイドイベントだって自ら諭吉をバラ撒き放ってるだけで、本当は、そんなことはないんです。アマンクロスはもっと身近でカジュアルな存在なのです!(そう書いていいものなのかは分からないけど)

 

ということで…

 

今回は……

 

自らの手で、皆様の誤解を解くために………

 

総額23000でアマンクロスに行ってきました!

 

 

 

どういうことか、丁寧に説明しましょう。

まず、時間。アマンクロスには公式説明では2種類、実際は3種類のコースがあります。

 

_70分:35000(15000+20000)
100分:50000(20000+30000)
130分:65000(25000+40000)
(70分×2で140分にしたり、70分+100分で170分にしたりというように、これ以上の時間を設定する可能らしいけど、そんな世界は知らないので省きます)

 

私は2回目以降130分フルパワーアタックでしたが、冷静に考えると別にそんなことはしなくていいと思います。予算と好みで選んだらいいと思います。とりあえずこの金額が基礎になりますね。

 

で、追加料金(10000)の掛かるプレミアムキャストというのもいますが、まあ我々は特に考えなくていいでしょう。今は2人しかいないみたいだし。

 

次に、指名料。3000です。これは、いわゆる"フリー"、お相手をお店にお任せすると掛かりません。本指名の場合のみ指名料が掛かる店もありますが、アマンクロスは私が最初に行った時も初回も料金に3000プラスされていたので、ネット指名でも指名料は掛かります。本指名?ネット指名?知らない人はググって。私も清純なので風俗の専門用語なんて知らないんですけど。

 

ということで、基本はコース+指名料。70分だと38000、130分だと68000ということになりますね。

 

しかし、そこから各種割引が適用されます。

まずはメルマガ割引。アマンクロスのメルマガに登録しておくと、来店時にその画面を見せれば5000割引になります。これはマスト。今これを書いてて気付いたんですが、去年の2回は3000割引だったのに、今年は5000割引になってましたね。いつ変わったんだろう。まあいいか。

 

次に、ポイントカード

f:id:addis:20181107211042j:plain

1回来店ごとに1000溜まります。溜まったポイントは次回以降使用可。つまり、溜まったポイントを次の来店時に使い、その時に再び1000溜まり…ということを繰り返していると、実質毎回1000割引ということです。ちなみに、使わずに溜めるという選択も出来ますし、後述の特殊な割引と被ってポイントカード割引が使えない時は、強制的に使わずに溜めることになります。

 

あとは新人割引。70分なら3000割引、100分なら5000割引。これを適用する場合はポイントカードの併用は不可。

 

さらに特別なパターンとして、平日11時なら70分10000割引100分15000割引『朝割』があります。これは他の割引全てと併用不可です。あと、本指名も不可だそうです。コレは1回使ってみようと思ったんですが、本指名不可だとK・Mちゃんに会えないので諦めました。

 

さらにさらに特別なパターンとして、『直前割』というのがあります。例えば、「19時からの案内が16000off!」みたいなメールが、17時とか18時に届きます。主に、客入りがアレな平日の遅い時間に不定期に発動するようですが、都民には縁がありません。地元の方だと、『直前割』の発動を読んで周辺に待機したりしてるらしいですけど。これも他の割引とは併用不可だしフリーでしか入れませんが、割引率は最高です。

 

つまり、割引をしっかり活用すれば、70分コースは2万円台、100分コースでも3万円台で遊ぶことは十分可能です。まあ…コスパがどうとかいう人間はそもそも雄琴なんて行かない方がいいんですけど…少なくとも毎回6万7万が必要な場所ではない、それを伝えたかった。そういうことです。

 

…5回目のレポートにして、今更こんな解説をしてしまった。宣伝かよ。まあ、これだけ丁寧に解説したんで、皆様もビビらずトライして欲しいと思います。

催眠オナニーの記事は「聴くな」って書いたのに購入した人間が複数現れたのに、アマンクロスの記事は評判良いのに「あでぃすさんのレポートを読んで雄琴に行きました!」って報告がないんですよね。寂しい。

 

 

 

…さて、話を戻します。実践編です。

今回は、70分のフリーにしました。
基本料金は35000。フリーなので指名料も掛かりません。
そこから、まずはメルマガ割引で-5000。ポイントカードは2000溜まっていたので-2000。そして!先週のメイドイベントで獲得した

f:id:addis:20181105215319j:plain
この5000ポイントチケットで、さらに-5000。

 

ということは…35000-5000-2000-5000=23000

 

これらの割引は全て受付での支払い(入浴料部分)に適用されるので、今回は受付で3000、後でお相手に20000渡す形になります。

 

いや、しかし、23000って…

 

先週のメイドカフェの…

 

1/3以下じゃねえか…!

 

はい。ということでね、私だけでなく、今までのレポートを読んでくれていた皆様も、「23000!?やっす!毎日行くわ!」という気持ちが沸いてきたことと存じます。今回はイベントで貰った5000割引というレアケースでの23000でしたが、先ほど説明した通り、新人割や朝割、直前割を活用して70分フリーで入るとほぼ同じ総額になります。

 

分かりましたか。アマンクロスは決して遠い存在ではないのです。推しにイレ込んで毎回60000払うアホのためだけに存在している訳ではないのです。アマンクロスだから、フリーで行ってもハチャメチャなブスやドチャクソなババアが出てくる心配もないのです。多分。

 

では、皆様、すぐさま予約の電話をお掛け下さい…。70分コースは2日後までの予約しか取れないのでお気を付けて…。

 

 

 

 

 

じゃあ後はもう余談なんで。

前回(先週)のレポートでも触れたように、メイドイベントで5000割引ゲットしちゃったんだけど、有効期限が今年一杯だったんですよ。で、今年は関西に行く予定が、ちょうど11月6日しかない、と。

そんなん、もうこれぞ天命なのだろうと悟り、奇跡の中6日アマンクロスが実現。頭はおかしい。おかしいけど、世の偉人たちは概ね頭がおかしいので、頭がおかしいことは間違いじゃない。

で、本来の用事である社会人野球日本選手権のため夕方まで京セラドームにいる必要があったので、午後9時からで予約。これまでは17時、15時半、11時、14時だったので、初のナイターです。特に意味はないけど。

当日の夕方に「予定が押しているので9時半からに変更となります」という連絡。24時に京都発の夜行バスで帰京しないといけないので「ん?大丈夫か?会社に『ソープの時間がずれて帰京できなくなったので休みます』って連絡しなきゃダメか?」と焦ったんですけど、計算したら大丈夫でした。チッ。面白くない。

 

f:id:addis:20181107211519j:plain

 

ということで夜の比叡山坂本。"夜の"って付けると意味深になるって話、よくありますよね。比叡山坂本は元から意味深なので関係ないです。

 

f:id:addis:20181107211631j:plain

 

f:id:addis:20181107211705j:plain

特に意味はありませんが夜の比叡山坂本です。

 

先週と同じ灰色のアルファードで送迎されて到着。写真はないので説明し難いんですけど、夜になるとアマンクロスの建物って淡いピンク色に光り輝くんですよ!めっちゃ綺麗だったんで、皆様も夜に予約して見てきて下さい。

 

f:id:addis:20181107211934j:plain

右を向いたときの景色です

 

f:id:addis:20181107212037j:plain

左を向いたときの景色です

 

f:id:addis:20181107212135j:plain

寝転んだときの景色です

 

火曜の夜だし30分ずれてるし、同志の姿は無し。つまんね。

と思ったら、自分の車で来たっぽい同志が5分ほど遅れて到着。隣の待合室へ。あっ…。向こうも30分からって説明が聞こえたので、同時ですかね…。

 

で、30分。背の高いお姉さんが歩いてきた。が、隣へ。私の相手ではない。

そうなんですよ。これ。今回はフリーなので、待合室でヴェールを開ける瞬間まで、自分の相手が誰なのか分からないんです。アマンクロス待合室ガチャ。しかも、初めましてから即アレですからね。出会って何秒で云々かんぬんですからね。アマンクロスのフリーは待合室プレイがあるので、そういう意味でも敢えてフリーにしてみたら楽しそうだなって思ったんですよ。

そもそも全てのソープで、フリーで入ったのが初めてなので。これまでは事前にあらゆる情報を収集し、自分にとってのベストを極限まで突き詰め、そして相手を決めて電話するという、競馬の◎を丹精込めて決めるような戦いをしていましたから。

 

…っと、話を戻して、同じ30分のはずなのに、なぜか自分のところには誰も来ないまま隣の待合室プレイがスタート。最初の会話から、顔なじみっぽい。で、流石にもう慣れたので、今回はガン見したろって思ってマジマジと見てた

…んですけど。なんか30秒で終わっちゃった。軽くキスだけして、ズボンも下ろさないですぐに部屋に上がっていってしまった。まあ…確かに…常連になるともはや待合室プレイすら煩わしいという話は聞くけど…せっかく全てを見届けようと思ったのに拍子抜けだぜ。

で、その1分後に男の店員さんがきて、「すいません女の子の準備が今整ったので35分に始めます」との報告。まあいいけどこの5分遅れでいよいよ夜行バスに間に合わなくなるのでは…?今度こそ「ソープの時間がずれて帰京できなくなったので休みます」という報告を…計算したけど大丈夫でした。

 

ということで、PM9時35分。

Go・TAIMEN

 

初心に帰ってここから先は書かないことにします。さようなら。

 

 

 

 

 

というのも味気ないのでエロなしで簡略に。

お相手は風波ちなつさんでした。かわいかったです。ロリっぽさのある方でした。入って2ヶ月とか3ヶ月と言ってましたが、HPを見ると8月4日新人デビューとなってました。かわいらしかったです。なんかもう心配になるようなかわいさでした。

で…まああんまり相手の情報とか書くと良くないので終わりでいいんですけど、あの、

 

陥没乳首だったんですよ(伏線回収)。

 

えーと、恥ずかしながら、エロ同人とかではそういう描写も散見されていたので、"陥没乳首"という概念は認識してたんですけど、正直、ふたなりとかと同じで"現実世界にはだいたい無いもの"だと思ってました。実際にいらっしゃるんですね。感動しました。

でもエロ同人と違って勝手にニョキっとは出てこないんですね。コツが、引っ張り出すのにコツがあるんだって。具体的な描写は省きますが色々と教えてもらいました。筋がいいって褒められたけど、特技として履歴書に書いたら怒られますか。

で、ブラジャーがね、いらないんだって。確かに言われてみれば…いや?そうか?でも本人がそういうからそうなのか…?
夏だけブラトップは付けるけど、常にノーブラ。それどころか「アマンクロスに入るまで生涯1枚もブラジャーを買ったことがなかった」らしくて、この仕事するのに流石にブラジャーは必要だって店から言われて買い始めたら楽しくなって、目下の趣味はブラジャー集めらしいです。よくわかんないけど、そういうのって胸が大きくなり始めた中学生や高校生がすることなんじゃないでしょうか。とにかく楽しそうで何よりでした。

 

…以上です。

やはりK・Mちゃんという絶対的本命がいるので次回というのは難しいんですが、フリーで入って新人を宛がわれてもこのレベル。さすがアマンクロスだなぁと思いました。あと、この値段でアマンクロスに行けるんだぜイエーイ!ってテーマなのに恐縮ですが、やっぱり70分ってちょっと短いですね。70分にするなら思い切って"ゆっくりホクホク1回戦プラン"でもいいのかもしれません。

 

帰りは送迎車で運転手のお兄さんとお話して、23:03比叡山坂本発の電車に飛び乗って京都へ。夜行バスには間に合いました。過去最高クラスにスヤスヤと寝れました。

 

えー、もう満足したので今年は行きません。

 

つぎは、みんなの番なんやで。

 

ウチも、行ったんだからさ。

 

さようなら。

 

f:id:addis:20181107212707j:plain

 

雄琴ソープ『アマンクロス』レポート

雄琴ソープ『アマンクロス』レポート②

雄琴ソープ『アマンクロス』レポート③

雄琴ソープ『アマンクロス』レポート④ 突撃!『Amancross おとなメイドカフェ』